マンション経営ディクショナリー│収益物件は家賃相場の見極めが大事

家

都市計画に注目

外観

整備されるエリアがアツい

収益率の高いマンションを探す時は、周辺環境の調査を行なう必要があります。マンション経営を成功させるには、ニーズがあるかどうかを読み取ってそのエリアの物件を所有することが大切です。だからこそ、借り手にとってメリットとなる情報をどんどん集め、投資先として適切かどうかを判断するのです。
特にマンション経営で見ておきたいのは、都市計画の有無。都市計画というのは国が計画的に行なう都市整備の一貫で、指定されたエリアは優先的に開発が行われます。街が開発されるということは、新たな商業設備や公共設備などが誕生して暮らしやすい街並みが形成される可能性が高いので、投資に最適な不動産に出会えるチャンスが高まります。

中古も狙い目

マンション経営の根幹となる収益不動産の購入は、必ずしも新築が良いとは限りません。新築だと設備も整っていて何より外観も内観も綺麗なことがアピールポイントになります。ただ、投資目線で見ると初期費用が多くかかるので、利回りが低いことや利回りが低いことが懸念点です。一方、中古は築年数も経過していて設備投資が新たに必要なことも予想されますが、初期費用を抑えることができて利回りも高いです。良い物件に出会うことができれば新築よりも収益率が高くなるので、掘り出し物を見つける可能性もあります。こうした収益物件の見極めは、マンション経営のセミナーなどで基本や応用を教えてもらえるので、積極的に参加してみましょう。