マンション経営ディクショナリー│収益物件は家賃相場の見極めが大事

家

不動産活用の基本

女性オペレーター

空室対策に最適

第三者の会社に賃借人を募集してもらい家賃保証をしてくれるサブリースは、不動産投資の場では一般的になってきました。それは、なかなか賃借人が決まらなくて空室のリスクを肩代わりしてくれて家賃収入を保証してくれるからです。人気のある物件で借りたいという人が次から次に出てくるような優良物件でない限り、空室リスクは潜んでいます。ですから、そのリスクを背負う前に早期対策をしておく経営判断は必要です。そんな時にオーナーをサポートしてくれるのがサブリースなので、必要な時に役立ってくれるでしょう。
ただし、サブリースはあくまで空室になった時に備えての家賃保証がメインになるので、空室になる可能性が低い物件なら契約する必要はありません。このあたりをしっかり見極めた上で利用するようにしましょう。

管理も依頼できる

サブリースの利用は、複数の不動産を所有している人に最適なサービスです。というのも、一戸レベルであれば不動産会社に相談して借り手を探すこともできますし、空室の間に発生するマイナスはそこまで大きなものではありません。しかし、複数の物件を所有している場合、空室の数が多ければ多いほど想定していた家賃収入がマイナスになります。なので、少しでも家賃収入の補填を考えて対策をする必要性が高いのです。
また、サブリース契約の一貫として、物件管理も行なってくれる業者もあります。本職が忙しくて物件管理ができない人にとって、家賃保証と管理のダブルでサポートしてもらえるのは大きな助けとなるはずです。まずは、家賃保証の割合や契約期間、注意事項を確認した上でパートナーとなる業者を探しましょう。