マンション経営ディクショナリー│収益物件は家賃相場の見極めが大事

家

計算して算出

紙幣と模型

条件が違うから難しい

アパートやマンションの一室を購入して収益不動産として活用したい場合、まず家賃を決めて賃借人を募集する必要があります。基本的に家主が自由に設定できるようになっていますが、家賃相場を意識せずに決めてしまうとどんなに良い物件でも借り手が見つかりません。家賃相場を意識した上で、妥当だと思う家賃に設定しておけば借り手も見つかりやすいでしょう。
ただ、同じアパートやマンションでも室内の状況や条件が違いますし、周辺物件と同じ間取りではないので判断が難しいです。このような時は賃貸経営に特化した計算方法を用いて、適正な家賃相場を算出するのがおすすめです。

2通りの算出方法がある

家賃相場を計算で出す時は、利回り収益算出方法が一般的です。これは、収益不動産で得られる利益率(利回り)を見込み、家賃を逆計算して算出する方法です。この計算式で出すのに適しているのは一棟買いしたアパートやマンションの家賃設定で、所有する戸数に応じて出せるのが特徴です。
また、その他にも事業計画収支算出法というものもあり、賃貸経営でマーケティングを意識した家賃相場を出すことも可能です。こちらの計算式は、アパートやマンションの建物や間取り、設備などを見ながらどれぐらいのニーズが想定されるかを見て算出できます。将来にわたって具体的にシミュレーションできるところがいいでしょう。自分で計算できない場合は、専門の不動産業者に依頼すれば算出してもらえるので、購入する前に確認してみましょう。